May
10

test post

test post

Apr
30

Queenstown airport

A little airport surrounded by hills and mountains. Queenstown is not my favourite place by any means, but the airport is quite unusual and as far as airports go. It is quite refreshing to be able to wait for a plane and not stare at concrete.

Apr
30

Deep Cove

I have been looking forward to the School Camping trip to Deep Cove with Nina and her friends for a long time. In fact I always knew that places were limited and that I might miss out on an opportunity to spend a few days in one of the most spectacular places in New Zealand. Well I was lucky!

Oct
28

Tussok Country, Mavora

Where is Frodo?

Oct
11

Our first outing this spring!

 

 

Sep
18

What a place!

Went hunting in the high country with some friends!

Jun
12

ニュージーランド 親子・小中高留学

先月まで娘の中学校から頼まれてタイの11歳の男の子のホームステイの受け入れ先となった私達。公立の学校がしっかりとした留学生の受け入れ態勢を整えていて感心してしまった。何でも1980年代頃から国策として留学制度を整え推進してきているとのこと、なるほどね。今回留学生を預かってみて初めて分かったのだけれど、留学生にとってはほんと良いシステム。ホームステイ先には同い年の子供がいて同じクラスで勉強することになる。そのホームステイ先の子供は「バディ」と呼ばれ、さりげなく(?)傍にいて面倒を見てくれるという仕組み。ホームステイ先のママにしても「今日は体操服いるよね?」とかも自分の子供と一緒だから楽というわけ。授業が終わる時間も一緒だし、何せ担任の先生ともうすでに顔見知りだし、いろいろと話もしやすい。

これって、母親目線で見てもかなり安心だと思う。近所の学校で留学生の受け入れを行っている小、中、高は日本人が全くいなかったり、いても少数なので英語学習にはもってこい!自然いっぱいで人も穏やかなこの土地、小中高留学にはもってこいなのにね~なんて思う毎日。

そこで!親子、小学校、中学校、高校留学のサポート事業を立ち上げようと決心しました!私が実際に足を運び、その学校や学生さん達を見てここなら自分の子を送ってもいいと思える学校のみを紹介していきます。今のところ私が母親目線で選んだ小中高が1校づつ、それらの学校からは「日本からの留学生、大歓迎!」と言ってもらっています。

興味のある方は、ご連絡くださいね~。

May
10

The (R)Otter

I spent one evening randomly looking at a few yachts online when I cam across a very reasonably priced 39 ft keeler. If you imagine a spark hitting a pile of kerosene infused straw you more or less get the picture of what happened to my mind. I realised that the little dream I had been harboring for a few years suddenly became reality. I was going to do this and there was no going back.
Listening to the by now very silent voice of reason I decided to meet with a couple of local yacht owners. I was hoping that they might be able to put out the fire blazing away ferociously. The logic was clear. I have no experience sailing big yachts and surely committing to such a time and money eating hobby without plenty of prior experience is madness.
I did not expect the couple yacht club members to arrive at our lunch meeting bringing along a canisters of petrol. Instead of calming things down they made things worse. They assuring me that now was the best time to get into yachting and that prior knowledge was overrated. They explained that when it comes to yachting it is all about thinking with your heart and not with your head. I reckon I am quite an expert.
Well after 2 weeks of manically browsing the internet I have a boat. Reason did win over a little in the end and I have committed to a 2 year lease and plenty of mentoring from a local sailor. Isn’t she beautiful.

May
07

ばらの門

裏庭はすごいことになっている。何でも過去10年間あまり手を入れてなかったらしく、木の枝が伸び放題。一人ではしごに上ってのこぎりでぎこぎこ剪定している今日この頃。家の前の垣根をヘッジカッターでばりばりと刈っていたら通りすがりの人に褒められた。

裏庭には白い門があってバラが伝わっていくようになっているのはいいのだけれど、これも古く枯れた枝がそのまま絡み付いていてその上からまた新芽がでてを何年も繰り返し、すごいことになっていた。これをようやくすっきりと片付けることができた。野菜畑に時間がかけられるようになるまで時間がかかりそう。

ただの木だと思っていたら結構かわいい実がついた。なんだか種子島にあったヤマモモを思い出す。この実も食べれるらしいのだけれど味は全くしないって向かいのおじさんが言っていた。杏がヤマモモ大好きだったからもう少し赤くなったら一緒に味見してみよう~。

その後、杏と味見してみました。新は「おじさんは味しないって言ってたけど、結構いけるよ~。」といっていた。食べられる、でも食感がぱさぱさのリンゴっぽい。ジャムにでもできるかなと思ったけど、そのままか凍らして食べるぐらいかな~。杏は種子島のヤマモモの方がおいしいよ、だって。

May
07

牡蠣採り

牡蠣を採りに行くぞ~ということでいそいそと出発。ここのブラフオイスターは有名で毎年5月にオイスターフェスティバルがあるほど。新菜は船長さん帽をかぶせてもらってヨット操縦の特訓。そしてみんなが牡蠣の籠をあげている間のかじ取りを任されて必死の私。復路はイブさん。昔から船が欲しいと言っていたけれど、ここ最近取りつかれたようにヨットの話ばかりしている彼。私はスチュワート島まで自力でいけたらいいよな~なんて思う。ニュージーランド人はさすがだわ。この船に乗っている人達でニュージーランドからフィジーまで行ったんだって。

で、肝心の牡蠣はというと、、、5個収穫。でも海と鳥が素敵だったからよしとしよう~。

A fantastic day out on a fantastic boat with fantastic people! Yukie and I had an amazing time and managed not to throw up. The kids liked it too but were a bit put off by the sea sickness and the puking. Nina’s competition of who could throw most pizzas was exemplary of true fatalistic humor. Our exchange student from Thai clearly won the race. he leaned over the railings seven times.
I was hoping that this trip would put a damper on my obsessive pursuit of getting a yacht for spring. It did not! I came away feeling more certain than ever that I need a boat. Yukie equally enjoyed the day out and when at the end of the day we discussed over a glass of wine whether we should go for a big seaworthy boat or a smaller trailer yacht that we can take up to the lakes she suggested that maybe we needed one of each. I know why I married that woman!

May
07

カップケーキ

今年のバースデーケーキのリクエストはカップケーキ。お友達を呼んでお泊りパーティーをして満足げ。カップケーキの飾りつけっておもしろい。家族全員でがはがは笑いながら楽しみました。

お誕生日おめでとう~。この1年、楽しいことがいっぱいありますように!

Apr
11

Horse Riding

The kids’ dream has finally come true. Horse riding in New Zealand is a bit like playing football in the UK. Everybody seems to do it. So we thought finding a riding school for our girls would be a doddle. Unfortunately we quickly realised learning to ride came with one major challenge, you need a horse. There is plenty of people willing to tech riding but they all expect you to have your own horse. Well we did after a bit of research and a lot of luck find the right person to teach Nina and Anna and supply horses at the same time.
I still feel nervous around these big creatures but it took our girls only a couple of days to get used to their new friends. Nina and Anna look like naturals even going bareback, although I have heard Anna is very good at falling off when going around corners.

イギリスにいた頃から乗馬がしたかった二人。残念ながら種子島には馬がいなくて屋久島まで行ったりしたけれど、引き馬じゃなくて一人で乗れるようになりたい!といつも言っていた。ここニュージーランドに来てやっと念願が叶いました~が、杏はよく落馬しているらしい。この前は「きゃ~落ちる~とたてがみにしがみついたけど落ちちゃった~!そしたら馬がこっち向いて立ち止まって何してるの杏、早く乗ってよね!って言う風に私を見たから走って追いかけて乗りなおしたよ~。」って言ってました。私も実は乗馬を始めたかったのだけれど、先生に大人は1回落馬したら恐怖心が出てやめてしまうから教えないと言われました。悲しい~。1日中乗馬しての帰り道、家まで自転車で30分なのだけれど途中で疲れて倒れたように休憩する姉妹。ワイルドな休憩だわ。

Apr
09

Beef Wellington!

 

As part of my Gold Challenge I cooked a 3 curse meal. For starters I prepared chicken liver patee with marmelaide and rocket salad on toads. The main curse was beef Wellington and fried potatoes and the desert was peach ice cream served on caramelised pineapples.

My sous chef was Anna who helped me a lot! Thanks Anna!

Check it out!

By the way I formatted and graded the pictures all by myself after my dad taught me how to use Photoshop. I guess I can add that to my challenges as well now? “Learning to work with Photoshop to grade images and optimize graphics for the web.”

Apr
01

The Shadow of the Wind ~風の影~

商品の詳細

この本はイギリスWBに住んでいた時メンバーだったブッククラブで読んだ(あ~懐かしい。みんな元気かしら。)このブッククラブはイギリス、スコットランド、サウスアフリカ、スペイン、そして日本出身のお母さんたちの集まりで、月1回ワインとチョコを持参で明け方までぺちゃくちゃ語りつくすのがお決まりコース。それまでは本と言えば研究分野か実益がかなったものしか興味がなくフィクションは時間の無駄と思っていた私が改心するきっかけになった本とブッククラブ。ありがとう~

そうそう、この本に出てくる ’The Cemetery of Forgotten Books’ この響きが何ともいえない。行ってみたい。濃厚にロマンチックで劇的でスペイン人の血を感じる本でした。

 

Mar
27

Hunger Games ~ハンガーゲーム~

最近、長女と同じ本を読むことが多くなってきた。いわゆるヤングアダルトの枠に入る本なのだけれど、結構これがおもしろい。で、イブも私も読みました。一気に読み終わってしまうほどだったハンガーゲーム。映画も観に行ったけど、本もお勧め。著者がこの本を書くきっかけについて書いている部分があり(英語版にはついていた)これを頭の片隅において読むとなかなかいい。

Mar
24

編みぐるみ ~くま~

これが、編みぐるみ第一号でプレゼントにしてしまったくまさん。次女からのリクエストは茶色の犬。いつになるかは謎だけどがんばってみます~

Mar
18

編みぐるみ ~ねこ~

ついに!というかやっと完成。

種子島でクマの編みぐるみを作った時からおねだりされてたのにね。(このクマさんはプレゼントであげてしまった)もっと小さい時に作ってあげればよかったのに、長女ははや12歳になろうとしてる。今週は仕事が入らなかったので、母はがんばりました~

 

Mar
14

Oyster Regatta

Mar
14

Night Sailing with Anders

Feb
20

First Steps

I remember a one week fencing and sailing camp I took part in when I was a teenager. I enjoyed the fencing but it never inspired me deeply. The sailing on the other hand I remember clearly. It left a deep trauma I never quite got over. Sailing boats don’t have breaks, and that is probably my strongest memory, losing control, tipping the boat and running into things like shores and other boats. I also remember the feeling when the wind catches your sail and the boat glides, or rather slices through liquid. It is an experience similar to surfing. You render some of your control over to the elements and just go with the flow.
It is time to awaken something of the past.

Older posts «